開咬(オープンバイト)とは

お口を閉じた際、奥歯は咬み合っている状態で前歯に隙間が開いている噛み合わせを「開咬(かいこう)」または「オープンバイト」といいます。奥歯で咬んだ状態にもかかわらず、上と下の歯の間に上下的に隙間がある状態をいいます。食物を咬むための筋肉が弱く、上下的に長い顔立ちの子どもに多くみられます。開咬の原因として多いのは、母指吸引癖、舌突出癖(嚥下時や発音時に舌を前に出す癖)、食物を咬むための筋肉の活動性の低下です。

原因

骨格的な問題が原因で開咬になる場合があります。多くの場合、遺伝による影響が強く両親や祖父母が開咬の方は本人もなりやすい傾向にあります。幼いころの指しゃぶり・舌で前歯を押す・下唇を噛むなどの悪習慣によって、歯が押され少しずつ歯列や咬み合わせが乱れていきます。慢性的な鼻炎や蓄膿症などの呼吸系疾患を患うと、鼻呼吸がしづらくなり、口呼吸が習慣になってしまいます。慢性的な口呼吸によって、お口周りの筋肉のバランスが乱れることで開咬になりやすくなります。

先天的な原因(遺伝的要因)

骨格的な問題が原因で開咬になる場合があります。多くの場合、遺伝による影響が強く両親や祖父母が開咬の方は本人もなりやすい傾向にあります。

後天的な原因(環境的要因)

悪習癖

幼いころの指しゃぶり・舌で前歯を押す・下唇を噛むなどの悪習慣によって、歯が押され少しずつ歯列や咬み合わせが乱れていきます。

口呼吸

慢性的な鼻炎や蓄膿症などの呼吸系疾患を患うと、鼻呼吸がしづらくなり、口呼吸が習慣になってしまいます。慢性的な口呼吸によって、お口周りの筋肉のバランスが乱れることで開咬になりやすくなります。

開咬による弊害

顎関節や奥歯への負担が大きくなる

前歯で食べ物を噛むことができないため、奥歯への負担が増えます。そのため、顎の骨や関節への負担が大きくなり、顎関節症や奥歯の破折・喪失リスクが高くなります。

胃腸への負担が大きくなる

前歯で食べ物を噛みきれなくなるため、しっかり食べ物をすりつぶせず飲み込むクセがつき、消化器官への負担が大きくなります。そのため、慢性的な腹痛や胃腸障害を引き起こす場合があります。

発音障害

前歯部分が常に開いているため、隙間から空気が漏れ、発音・発声・滑舌が上手く行えず、コミュニケーションに悪影響を及ぼします。

虫歯・歯周病になりやすくなる

お口が開いている時間が長くなるため、口腔内が乾燥しやすくなり、唾液の分泌量が減少するため虫歯や歯周病リスクが高くなります。

治療方法

奥歯を根っこの方に押し込む(圧下)・前歯を引っ張り出す(挺出)することで、前歯が噛めるようなっていきます。

ご予約はWEBもしくはお電話にて承ります。03-6822-409310:00-13:30/14:30-20:00

WEB予約はこちら 相談カウンセリング/検査費無料